生活習慣で髪を増やすには?|本当に効く育毛剤ランキング

生活習慣で髪を増やすには?

育毛剤の使用や薬の服用以外にも、簡単にできる育毛法があるとご存知ですか?
お金をかけずに育毛を行いたい方も、今行っている育毛方法をさらにパワーアップしたい方も、ちょっと気をつけるだけで育毛効果をアップ出来る方法をご紹介します。

栄養のバランスを考えた食事を摂る

まず人が食事で摂取した栄養を送られる際の優先順位、髪は何番目だと思いますか?
実は、髪や爪と言った体の末端の死んだ細胞に栄養が行き渡るのは一番最後です。生命を司る内臓や、骨や筋肉、それらに栄養が十分行き届いたあとの残りが髪や爪のもととなるべく、末端へと送られていきます。
つまりきちんと栄養を摂っていないと、髪の毛にまで栄養分が行き届く前に使いきってしまうのです。そうすると弱々しい髪の毛しか生えず、また元気に育てることも難しくなってしまいます。
そうならないようにするためにはサプリメントだけに頼る事無くしっかりと食事からも栄養を摂取する必要があります。
特に髪の毛はタンパク質をもとに作られるため、タンパク質を多く摂取するようにしましょう。また、タンパク質だけを摂っていても、そのタンパク質を髪の毛に作り変える働きはビタミンやミネラルが担っていますので、ビタミンやミネラルもきちんと摂る必要があります。
若い女性が、ダイエットが原因で薄毛になることがありますが、これは上記の栄養不足が原因になっています。

タバコを控える、お酒の飲み過ぎにも気をつける

お酒やタバコなどの嗜好品は、育毛にとってはマイナスな効果をもたらす事も多いと言う事を覚えておくようにしましょう。
特にタバコは吸うことで毛細血管が収縮し、血行を悪くする効果があります。頭皮の血行が悪くなると必然的に髪の毛を作る細胞にも髪の毛のもとになる栄養が届かなくなり、髪の毛を作る事ができなくなってしまいます。
また、百薬の長と呼ばれるお酒も飲み過ぎるとアセトアルデヒドと言う有害物質たくさん生成してしまいます。このアセトアルデヒドを分解する際に大量のアミノ酸が使用されてしまい、髪の毛をつくる原料が目減りしてしまいます。さらに恐ろしいことに、アセトアルデヒドには脱毛を誘発するホルモンであるジヒドロテストステロンを増加させる効果もあるため、飲酒はほどほどにしておいた方が良いでしょう。

頭皮の状態を清潔に保つ

抜け毛を気にして、何日も髪の毛を洗わない…という話を聞きます。実際髪の毛を洗うときに排水口にゴッソリと抜けた毛が溜まっているところを見るのは恐怖ですが、だからと言ってあまりにも長い間頭を洗わないと言うのは考えもの。
髪や頭皮には、日々の生活でつく汚れや花粉などアレルギー物質の他、自分の体が分泌する皮脂汚れや新陳代謝で剥がれた皮膚、垢などがくっついています。これらを洗わずに放置すると、そこに細菌が繁殖し、頭皮が赤く炎症を起こしたりするトラブルが起きてしまいます。
かといって1日に何度も洗いすぎても必要な油分まで奪い去ってしまいそれが乾燥性のトラブルを引き起こす原因にもなりますので、1~2日に1回は、自分の体質(乾燥肌、油性肌など)に合わせてきちんと洗髪をするようにしましょう。

ストレスを溜めない生活を心がける

最後に、これが一番むずかしいかもしれませんが他の項目でお話したように、過度のストレスは育毛に悪影響をもたらします。自分なりのリフレッシュ方法などを見つけるようにし、ストレスを感じても定期的に発散したり解消できるようにすることで、身も心も髪の毛も、健康な状態を保てるようにすると良いでしょう。

TOPへ戻る

編集者より

私が薄毛を気にしだしたのは30代半ば頃から。その頃から約5年間、いくつかの育毛剤を試してきました。今回はその中でも今世間で人気の育毛剤を実際に使用し、その実感をレポートにまとめました。育毛剤選びで失敗したくないあなた!是非参考にしてください。

イクオス 育毛体験レビュー
  • シャンプー&トリートメントランキング
  • サプリメントランキング
  • 育毛剤総合ランキング BEST10
  • イクオス
  • プランテルEX
  • フィンジア
  • ジベリンピュア
  • チャップアップ
  • BUBKA ZERO
  • ペルソナ
  • ボストンスカルプエッセンス
  • マスターピース
  • M-1 育毛ミスト

ランキング調査情報

■調査目的/現在や将来、頭髪に悩みを抱いている方への参考となる情報の提供
■調査方法/インターネットリサーチ
■調査地域/全国
■調査対象者/20代~60代の男性 15,000人
■有効回答数/14,520人
■実地期間/2018年11月1日~2018年11月30日
すべての製品に対して各質問に回答して頂き、統計データを作成しています。
総合得票数の高い順番でランキング順位を作成し、合計獲得数を点数表示しています。
調査内容詳細はこちら
運営者についてはこちら