育毛剤には種類がある?|本当に効く育毛剤ランキング

育毛剤には種類がある?

「育毛剤」の中には種類があることを知っていますか?
育毛剤には、「医薬品」のものと「医薬部外品」のものが存在します。この2つは似て非なるものであり、どちらを選ぶべきなのか?など人によって変わってきますので違いを知っておく事でも育毛に役立つでしょう。

医薬品

医薬品とは、「日本薬局方に収められており、人や動物の疾患の診断や治療・予防を行う為に与える薬品」の事で、医師の処方をもとに薬剤師に調剤してもらう医療用医薬品と処方箋は不要で薬局以外のドラッグストアなどでも購入する事ができる一般医薬品があります。
育毛剤に当てはめると、フィナステリドやパントガール、フジロン液などが医療用医薬品で、リアップなどが一般医薬品です。
日常生活に支障をきたすような副作用が見られる事もあり、第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品の3つにカテゴリー分けされています。
日本で現在育毛効果が期待できるとされている医薬品は、ミノキシジル、フィナステリド、セファランチン、塩化カルプロニウム、パントガールなどごく少数です。
持病や体質・体調によっては使用することが制限される場合もあります。

医薬部外品

医薬部外品とは、「医薬品と化粧品*の中間に位置する分類で、人体に対しての作用が緩やかであるもの」を指します。
予防効果や、症状に対してなんらかの改善効果(治療効果ではない)を期待出来る製品です。
こちらは日常生活に支障をきたすような副作用はありませんが、その分医薬品にくらべ効果は弱くなります。
しかし、医薬部外品でも正しい使用方法で、自分に合った使い方をすればきちんと効果を得ることが出来ます。
医薬品と違い、禁忌症もないので持病や体質で使用を制限される事はありません。

*化粧品とは:「からだを清潔にしたり、見た目を美しくする目的で皮膚などに塗布、散布またはこれらに類似する方法で使用するもので、その作用の緩和なもの」のこと

TOPへ戻る

編集者より

私が薄毛を気にしだしたのは30代半ば頃から。その頃から約5年間、いくつかの育毛剤を試してきました。今回はその中でも今世間で人気の育毛剤を実際に使用し、その実感をレポートにまとめました。育毛剤選びで失敗したくないあなた!是非参考にしてください。

イクオス 育毛体験レビュー
  • シャンプー&トリートメントランキング
  • サプリメントランキング
  • 育毛剤総合ランキング BEST10
  • イクオス
  • プランテルEX
  • フィンジア
  • ジベリンピュア
  • チャップアップ
  • BUBKA ZERO
  • ペルソナ
  • ボストンスカルプエッセンス
  • マスターピース
  • M-1 育毛ミスト

ランキング調査情報

■調査目的/現在や将来、頭髪に悩みを抱いている方への参考となる情報の提供
■調査方法/インターネットリサーチ
■調査地域/全国
■調査対象者/20代~60代の男性 15,000人
■有効回答数/14,520人
■実地期間/2018年11月1日~2018年11月30日
すべての製品に対して各質問に回答して頂き、統計データを作成しています。
総合得票数の高い順番でランキング順位を作成し、合計獲得数を点数表示しています。
調査内容詳細はこちら
運営者についてはこちら